手術で視力が回復する

矯正器具がいらなくなる

負担を削減できる

メガネは、視力が低下するとそれだけレンズが厚くなります。
そこまで低下していない人だったら薄いレンズで済むので、負担に感じないでしょう。
しかしレンズが厚くなると、重みも増えます。
メガネは通常耳に掛けて使用しますが、重さに耐えられなくなる可能性があります。
耳が痛くなる人は、メガネを使用しないでください。

レーシック治療を受けると、裸眼の視力が戻ります。
もうメガネを使わなくても良いので、負担を削減できますね。
今はスマートフォンやパソコン使用する機会が増えて、若い人でも視力が低下しています。
経済的に余裕が出てきた、20代から30代ぐらいの人がレーシック治療を受けることが多いです。
視力を気にする人は、眼科に行きましょう。

コンタクトレンズを装着できない人

レンズが厚くなってメガネを使用できなくなったら、コンタクトレンズを装着すれば良いと考えている人が見られます。
しかしコンタクトレンズは、装着していると目が乾いて痛くなることがあります。
目薬で対応できるなら良いですが、それでは足りないぐらい目が乾く人もいるので注意しましょう。
また目が傷ついている人は、医師からコンタクトレンズの装着を禁止されるかもしれません。

誰でも使用できるものではないと思ってください。
コンタクトレンズもメガネも使用できない人は、やはりレーシック治療をするしか方法がありません。
またコンタクトレンズは、消耗品です。
なくなったら買わなければいけないので、長い目で見るとレーシック治療の方がお得かもしれませんね。


▲ TOPへ戻る