視力回復で毎日が快適!レーシック治療のすすめ

手術で視力が回復する

Link

矯正器具を使用できない人

視力を回復させるために、矯正器具を使っている人が見られます。
しかしあまりに視力が低下している人は、メガネのレンズが厚くなってしまいます。
するとメガネをかけていると、耳への負担が大きくなるのでお勧めできません。目の状態から、コンタクトレンズが着用できない人もいます。
そんな人は視力を回復させるために、レーシック治療を受けましょう。
すると裸眼の視力が元に戻るので、矯正器具が必要になくなります。

手術を受けた後は、光によって強い刺激を受けることがあります。
しかし、しばらくすれば慣れるので特に気にすることはありません。
慣れないうちは、強い光を目に当てないように注意しましょう。
またレーシック治療を受けて、ドライアイになる人が見られます。
ひどい場合は点眼薬などで治療するので、医師に相談してください。
10秒以上まばたきをガマンできない人は、ドライアイだと言われています。
手術を受けた後に、確認してみましょう。

レーシック治療に、恐怖心を抱いている人が見られます。
わからないことなどがあれば、医師に聞いてください。
問して理解した状態で、治療を受けてください。
何でも丁寧に答えてくれる医師が安心できますね。
目の手術をする時に、失敗したら失明するリスクがあります。
リスクを隠して、絶対に安全だという医師においては信頼がおけませんのでなるべく避けていただいた方が良いと思います。
リスクがある上で、どのように注意しているのかきちんと説明してくれる医師に任せましょう。

▲ TOPへ戻る